派遣スタッフでも有給休暇ってあるの?

結論から言いますと派遣スタッフでも有給休暇はもらえます。

意外と知られていないのか、驚かれる方も多いようですが一定条件を満たすと有給休暇が貰えます。
その条件とは、同じ派遣会社からの仕事を6カ月以上継続し、全ての労働日の8割以上の出勤が必要というものです。

この条件を満たせば、勤務開始半年後から10日間の有給休暇が貰えます。その後1年経つごとに有給休暇が貰え最大20日間までとなっています。単純に考えると半年働けば有給休暇は貰えるのですが、仕事と仕事の間の待機期間があると、この6ヶ月以上というカウントがリセットされてしまうことがあります。

待機期間が1ヶ月を超えるとカウントがリセットされてしまう会社が多いようです。できるだけ待機期間を短くした方が有給休暇は貰えやすくなります。

有給休暇は労働基準法に基づいているので、派遣会社が勝手に「1年間は働かないと有給休暇は出さない」というようなルールを作ることはできません。

条件を満たしているのに有給休暇が貰えない場合は、労働者の当然の権利となりますので派遣元の会社にしっかりと主張しましょう。

しかし、有給休暇というものは貰ったからといって、なかなか使いづらいものですよね?有給休暇をとるということは当然の権利なのですが、派遣先の他のスタッフにも負担がかかることになります。

有給を取る場合は必ず派遣会社と派遣先の企業に相談してから取るようにしましょう。派遣会社から臨時のスタッフを派遣してもらうなどの対処をしてもらえると有給休暇も取りやすいのですが、なかなか難しい問題ですね。

体調不良などで休んだ日を有給休暇扱いにしたり、有給休暇を取るタイムミングなどを良く考えて上手に使うようにしましょう。

せっかく貰った有給休暇で揉めたくはないですものね。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る