業務委託のお仕事

業務委託(請負)という契約もあります。
派遣先で働くということで派遣社員と似ている部分が多く混同しやすいので、2つを比べて解説したいと思います。

まず、派遣社員の場合は「当事者の一方が相手方に対し労働者派遣をすることを約する契約をいう。」と労働者派遣法で定義されています。

正社員・アルバイトと同じく法律上は労働者となります。
派遣社員は労働者となるので残業代や有給休暇などもありますし労働基準法などで守られています。対する業務委託には、「仕事を完成させることを約束し、仕事の結果に対して報酬をもらう契約」と民法で定義されています。

仕事を完成させることができれば、会社側から仕事の場所や時間などに対し一切の命令はされません。
この契約では法律上労働者ではありません。

業務委託の契約では労働者ではないので労働基準法も適用されませんし、依頼主は雇主としての責任も発生しません。あくまで仕事の完成が契約となります。

分かりやすく言うと派遣社員は派遣元の指示には従わなければならないですが、業務委託の場合は仕事を完成させるだけで指示される事がないということです。

この二つの雇用契約の違いを利用して悪質な契約を行う会社などが問題になっています。派遣先での仕事が完成を目的としておらず(派遣社員と同様に指示を受け仕事を行う)業務委託ではないにも関わらず、業務委託として契約するという方法です。

業務委託として契約してしまえば、労働基準法は適応されないので残業代や有給休暇などは発生しません。会社にとっては都合が良い契約になり、いわゆる偽装派遣というものになります。今ではかなり減ってきてはいますが、派遣社員なのに残業代が出ない、条件を満たしているのに有給休暇がつかないなどがあれば要注意ですね、雇用契約書をチェックしてみましょう。

雇用契約書が渡されないような派遣会社はかなり怪しい会社です。請負(業務委託)自体は違法ではなく実際によくある契約で、最初から請負契約であることを知らせて、それに応じた仕事であれば何の問題ありません。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る