派遣社員として仕事を始めるまでの流れ

派遣社員として働くためには、必要となる手順があります。ここでは、その手順を紹介します。

派遣会社へ登録する
まず、派遣社員として働くためには仕事を紹介してくれる元となる派遣会社への登録が必要となります。派遣会社はその場所によって様々取り扱う仕事が異なる上、福利厚生にサポート体制などそれぞれに特徴があります。この辺りは自分に合った場所を選ぶ必要があるので、リサーチを済ましておきましょう。

さて、登録したい派遣会社が決まったらどうしたら良いのでしょうか。ほとんどの会社が、インターネット・電話での登録会や面接の予約を取り、会社自体に赴く方法を取っています。

そして、会社に到着後、個人情報やスキルチェック、職務経歴などをシートに入力します。その後に派遣会社の人材コーディネーターとの面談を行い、希望の職種や勤務に関する希望条件などチェックシートを基に行われます。

場所によっては、条件に合ったお仕事を紹介される場合、後日連絡が来る場合、など様々なので一概には言えません。また、研修においても面談後に行う企業もあれば、後日、別会場などで行う場合もあります。

仕事紹介先との顔合わせ
登録を済ました後、自分の希望通りの派遣先が合った場合、コーディネーターが派遣先に「このような人材がいるがどうだ」という連絡をしてくれます。

ここで、先方から了解を得たら顔合わせを行います。顔合わせ前にある程度、条件などは先方には通ってますが、顔合わせの時点ではまだ就業は決まっておらず、ここで互いに納得した状態で無い限りは次のステップに進めません。要するに、面接と考えて良いので真面目な態度で臨む必要があります。

登録の際の注意点
顔合わせが終わり、互いに納得した後は晴れて就業となりますが、条件が合わなければ振り出しに戻ります。このようなムダをなくすためには、事前に勤務先・待遇・仕事内容・派遣期間など様々など事前にしっかり確認しておくことが重要になります。

面倒だから、と何も読まず何となく話を進めていき結果破談だった場合、互いにメリットはありません。良い就業先に派遣社員として就業したいのであれば、このあたりはしっかり確認していく必要があるのです。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る