派遣スタッフの残業代のこと

派遣先での業務でどうしても基本労働時間を超えて働かなければならない時があると思います。その残業に対しての賃金はどうなっているのでしょうか?

労働基準法により「1日8時間/週40時間」を超えて労働した場合は、通常賃金に25%以上の割増した金額を支払わなければなりません。この法律をご存知の方も多いと思いますが、「派遣社員の場合も当てはまるのでしょうか?」という質問をよく受けます。もちろん派遣社員の方にもこの法律は当てはまります。

基本時給1,000円で働いている方は、8時間を超える労働の場合、25%増しの1,250円の時給となります。これは8時間を超えた時間の時給になりますので、9時間働いた場合は8時間分8,000円と残業1時間分1,250円を合わせた9,250円がその日の給料となります。

基本労働時間が8時間以内の派遣社員の方の残業代の割増は派遣会社によって様々です。
8時間を超える場合は必ず25%以上の割増になりますが、8時間に満たない場合は割り増しされるかどうかは派遣会社の判断になります。

割増はなくても残業代は必ず発生するのでご安心ください。
残業代に関しては、契約の際にしっかり確認を取っておいた方がよいでしょう。

ただ、サービス残業はどうなのでしょうか?
本来、派遣社員の雇用形態では、サービス残業というものは発生しません。
サービス残業は断ることができますが派遣先の社員の方たちがサービス残業しているのに、自分だけ帰宅するのは気が引けるということでサービス残業される派遣社員の方もおられるようです。

派遣社員というのは特定の勤務時間に派遣されているので、このことを派遣先に理解してもらう必要があります。どうしても断りにくい場合は、派遣会社に間に入ってもらって話をしてもらうとスムーズに断れると思います。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る