契約外のお仕事のこと -聞いていた仕事とは違う内容の仕事が来たら?

派遣先で仕事を始めてみると、派遣元の会社で契約した仕事とは違う内容の仕事を任されることがあります。

こういった場合には、必ず派遣元の会社に問い合わせましょう。
派遣元・派遣先の両方の会社には「就業条件明示書」に記載されていることを、守るように努力する義務があります。

派遣社員が契約しているのは派遣元の会社になりますので、仕事内容の変更などは派遣元の会社の指示に従わなければなりません。

派遣先の仕事が契約内容と違うのが、お互いの会社の認識の違いによるものなのか、それとも派遣先の会社が勝手に仕事内容を変更しているのかによって対応も変わってきます。
認識の違いであれば、両方の会社で話し合ってもらうべきですし、派遣先の一方的な仕事内容の変更でしたら断ることも出来るでしょう。

仕事内容を変更する場合は、派遣先の会社が派遣元の会社に連絡を取り、派遣元の会社が派遣スタッフに仕事内容の変更の確認を取らなければなりません。

何だかややこしいですが、雇用関係が派遣元になる為仕方がありません。給与の相談なども派遣元に相談することになります。

実際には「できる範囲の仕事でであればいいかな」という思いから、派遣先で契約内容とは違う仕事を行っている方も多いと思います。

そのほうが派遣先での仕事も行いやすくなったり、メリットもあると思いますが注意が必要です。契約外の仕事上で万が一トラブルが発生した場合、対応が非常に難しくなりますし、怪我などを負った場合にも労災などの保証が効かないといったことも考えられます。

できる限り契約外の仕事は独断では受けないようにした方がよいでしょう。とにかく、契約外の仕事を言われた時は派遣元にまずは相談を。

契約外の仕事とは少し違いますが、派遣先の歓送迎会などの参加は個人的な判断で良いとは思います。派遣先の担当者の歓送迎会の場合ですと派遣元の会社から費用が出ることもあるようです。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る