派遣社員として働くメリットとデメリット

派遣社員として働きたい方にとって、この形態で働いていく「メリット・デメリット」を知る事はとても重要なことではないでしょうか。ここでは、そんな派遣社員のメリットとデメリットを紹介していきます。

自分のスキルに合った職場を紹介される
まず、第一に派遣社員のメリットとして挙げられるのが「自分の希望の職種で働ける」ということです。派遣会社が自分の定めた条件を加味し、案件を持ってきてくれるので自由に働けるというのがポイントです。

そして「アルバイト・パートに比べ高待遇」でしょうか。アルバイトなどでは時給1000円も満たない職場でも、派遣社員であれば1800円程の時給が貰えることもあり、更には残業手当もつく場合もあるので、非常に働きがいがあります。

次に「派遣会社が間に入って問題を解決してくれる」というメリットです。給与面や人間関係に、仕事内容など条件に不満や問題が生まれた場合、自分からでなく派遣会社を通して解決できるの勤務先でのトラブルを回避することができます。

そして「大手企業に従事出来る」ことです。正社員として働くには非常に高い壁がある大手企業に関しても、条件が一致すれば働く事が出来るのは魅力です。勿論、時給面も期待できるのではないでしょうか。

派遣社員のデメリット
派遣社員の最大のデメリットとして「ボーナスが無い」という事が挙げられます。派遣場所によっては、正社員と同じレベルで従事しなくてはならない場所もあり、労働環境は一緒なのにボーナスは受給されません。

ここを求める方は、派遣社員には向いてないでしょう。「契約期間より前に契約が切れる」会社の経営状態によっては、本来の契約期間より短く契約が終わってしまう場合があります。

まず、リストラの対象にされるのは派遣社員なので安定している、とは言い難い待遇でしょう。「やりがいのある仕事を任されない」派遣社員だったとしても、バリバリ第一線で働きたい方もいるでしょう。

しかし、会社側も大きな責任を派遣社員に任せる訳にはいかないので、趣味の範疇になってしまう場合もあります。

このように、派遣社員にはメリット・デメリットが存在します。仕事よりプライベートを充実させたい。そんな方には向いているかも知れませんが、安定を第一に考えている方にはリスクがあるかもしれませんね。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る