そもそも派遣業とは何なのか?

派遣社員として働く以前に、やはり知っておきたいのが「派遣業」の基礎です。そもそも派遣業とは一体どういう事なのでしょうか。ここでは派遣業を説明していきます。

派遣業は労働者派遣事業
派遣業務を行っている会社、つまり派遣会社が行う事業を労働者派遣事業と呼びます。シンプルにこの派遣事業を行う企業に登録している派遣労働者を、派遣先の企業に従事させていく事を生業としている企業の事です。

派遣先の企業と派遣元の企業の間では労働者派遣契約が結ばれており、そこで登録しているスタッフは元となる派遣会社との雇用契約を結ぶ事になるのです。

なので、結果的に派遣元事業主となる元派遣会社の雇用社員であり、派遣先の企業からは業務の指示を受けるだけ、という事になるのです。

派遣社員はあくまで派遣会社の雇用者
事業主となる、元の派遣会社は結果的に自らの会社のために我々派遣社員を派遣先の企業で働かしているのでしょうか。

法律的に考えてみると、元の派遣会社は雇用主としての資格を保有しています。

そして、派遣社員はその雇用主の対し、従属的地位としての立場になるので派遣会社の指示に従い、派遣先の企業で従事させられるという事になっていきます。

派遣先の企業としては、元の派遣会社は客観的に見ると委託の関係としてみる事が出来るのですが、実際のところは委託という関係性が結ばれているのではなく、元の派遣会社に留保されているという関係性になるのです。

なので、指示・命令と派遣社員は考えるのではなく、事業主である元の派遣会社に派遣先(就業先)を提供してもらっている、と考えた方が正しいのです。どうしても、派遣社員の中には派遣先の企業に直接雇用されている、そこの派遣社員として従事している。

という印象が強いようなのですが、結果的には派遣社員を雇用しているのは登録している元の派遣会社と言う事になっています。

結果的にトラブルになった時などは、事業主である元の派遣会社なのか派遣先の企業なのかよく間に挟まれることが多いので、派遣業についてはしっかりと知識を入れておいた方が良いのではないでしょうか。

>>人気派遣会社ランキングをすべて見る

ページ上部に戻る